etc.



ProfileResearchPublicationsActivitiesToolsetc.
 お願い 単刀直入に(これは企業や大学などの研究者の方へのお願いです).振動談話会で話題提供をしていただけませんか?また,逆に,私をそちらの会に誘っていただけませんか?最近は特に,分科会,部門,学会を超えたつながりを広げていきたいと考えています.
 感謝 私は学生の頃から,特に関西の振動屋・音屋の先輩方から多くの示唆をいただいてきました.「アイタ!」と思う手痛いご指摘ほど次の成長につながりますので,私が相手の場合はご遠慮なくご指摘いただければ幸いです.私より若い方もどうぞ遠慮なく.
 質問 私の研究に関する質問は,どのような内容にも分かる範囲で対応させていただきます.と書いていたら,「本当に質問してもいいのですか?」と時々尋ねられるようになりました.見学に来ていただいてもかまいません.
 論文 私の論文の情報は当サイト内に一覧にしてまとめてあります.和文の講演論文については,Activitiesに記載の学会の講演論文集をご覧ください.博士論文については,京都大学内でPDFが公開されておりますので,当該ページにリンクしています.
 その他 何かございましたら,メールや電話でご連絡ください.ただし,研究と関係ないセールスのご連絡はお断りいたします.一度のメールで無反応であれば,再送してみてください.メールサーバのスパムフィルタが誤って削除してしまっている場合があります.
 おまけ 学生時代に遊びで作ったフラッシュです.最近はこういうものを作る余裕がなくなってしまってよくありません.余裕や遊びがなくなるとダメですね.







 私事(?) 自己紹介
・新潟県の柿崎生まれ,滋賀県の栗東育ち
・兄妹に挟まれたいわゆる真ん中っ子
・結婚後は兵庫県の尼崎在住
・家族は妻と娘3人
・子は三姉妹で性別は同じだが,親は両方同じだが,それでもやはり三者三様である.
・妻は阪神工業地帯で働くエンジニア
・共働きのみなさん,お互いにがんばりましょう.
・帰った時に子供達が駆け寄ってくるとうれしいが,同時に自分は親ばかCandidateだと思う.
・振動屋だが,最近は音屋も兼ねようと思っている.
・トレッキー
・学生時代はスカパーで中田の試合をずっと見ていた.
・学生時代はCGIを作りまくって配布していた.
・ブルーハーツ→ハイロウズ→クロマニヨンズ(今ここ)
・天一がある意味原点10・1には毎年参戦
・院生の頃は毎月29日に焼肉屋めぐりをしていた.
・カープを応援している.
・真田昌幸・信繁,大谷吉継,高杉晋作,西郷隆盛・・・などが人物として好き.
・理想の上司に一番近い人物はおそらくジェインウェイ艦長であろうと思う.
・育児が一段落したら釣りがしたい.
・料理はそれなりにする.一人暮らしの時は自炊していた.
・角煮を作ったり,赤飯を炊くのが好き.赤飯はめでたくなくても気が向いたら炊く.
・小学生時代はケーキを焼きまくった.
・O型
・火星人(−)の霊合星人.妻と母も同じ.
・四柱推命ではマイナスの木
・京都四条の手相占いで70代前半までは生きられる,と言われた.
・最近はナイトスクープと大河ドラマをウォークマンに書き出して電車内で見ている.
・私の将棋は攻めて押し切れるか,砕け散るか.強くはない.
・そういえば,中学時代の軟式テニスも後衛なのに打ち込みまくっていた.
・倒れる時は前のめり
・天敵は湿度と寝不足
・働き始めてからは論文を書くための時間の捻出に正直,苦労している.
・Journalなどには,あとで失敗したと思わないように十分練ってから論文を投稿したい.
・研究者としての育ちは京大振動研,ホームは振動談話会と機械の音研究懇話会
・研究者としては,自分の名がブランド力を持つようにならねばならんのだろうと思う.
・ひいては関大機力制御研がブランド力を持つようにも努力したい.
・教員と学生のインピーダンスが合わないと,互いの思いは反射する.
・オールラウンダーの振動屋を目指している.
・やらずに失敗したと思うくらいならやって失敗する方を選びたい.
・自分で気に入っている成果,人に面白いと言われる成果ほどお金がかかっていない事実
・貧乏な時ほど頭を使うという現実
・アイデアは,むやみに隠すと尽きてしまうものだと思う.
・機械工学の世界にいるが,実用性がなくても面白いと感じるものはある.それはそれで大切にしたい.
・経験の差はあるだろうが,物理の議論に年齢は関係ない.
・自分より若い人が増えてきたが,彼らに誤りを指摘された時,素直に認められる人間でありたい.
・意見が割れた時,理屈を省いて迫力で相手を屈服させてはいけない.逆に迫力に屈してもならない.
・講義では,最終的に問題が解けるようになることを重視している.
・学生には特に積極性を意識して伸ばしてほしいと思っている.
・努力はベクトルである.大きさと,その方向が成長ベクトルとなす角の両方が重要である(自戒をこめて).
・こまの綱渡しができる人は案外少ないらしい.
・自分の子供たちを見て,遺伝を痛感している.